新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

フロンターレとわたし。それぞれの物語。

フロンターレ、noteはじめました。

はじめまして!
サッカー・J1リーグに所属する川崎フロンターレがこのたび、note公式アカウント「川崎フロンターレnote部」を開設しました!

画像1

ホーム戦会場で販売している「マッチデープログラム」の編集部が運用し、マッチデープログラムのインタビューや対談、コラムなどをnote上で公開
していく他、制作の裏側や本誌には掲載し切れなかったインタビューのフルバージョンなど、ここでしか読めないコンテンツを展開していきます。

マッチデープログラムでは毎号、選手のインタビューや選手同士の対談を通して、試合に臨む選手たちの想いをお届けしています。
そんな選手たちの想いが、スタジアムに来ることができない方々にもnoteを通して届くことを願っています。

わたしとフロンターレ

もう一つ、note部に込めた想いがあります。

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で、サッカー界の常識は大きく変化しました。

これまで経験したことのない、
公式戦の中断。
無観客での公式戦。
唄や声援の響かないスタジアム。

そんなシーズンに、Jリーグ史上最速で優勝することができたのは、苦しい、辛い、寂しい中でも、たくさんの方々が変わらずに応援して、支えてくれたこと以外他なりません。
今まであったものが無くなってしまったからこそ、そのありがたさを痛いほど感じることになりました。

改めて、みなさん優勝おめでとうございます!
そして、いつもありがとうございます!

『最後の勝敗を分けるのは、選手の技術ではなく、ぐっと背中を押すファン、サポーターの力だったりする。そういう意味では、ファン、サポーター抜きには語れない競技』(村井満Jリーグチェアマン)

新型コロナウイルスの影響で「無観客」での再出発を余儀なくされたJリーグ。村井満Jリーグチェアマンは無観客試合での再出発にあたって、改めていかにサッカーにとってファン・サポーターという存在が大きいか、このように語りました。


「フロンターレとファン・サポーターのみなさん。
そこには、一人ひとり大切な物語がある。」

そんな、一人ひとりの「物語」をシェアしたい。
そして、その大切な「物語」が
一人でも多くのフロンターレを愛する人の目に留まりますように。


フロンターレnote部を中心に、このプラットフォーム上でそんな素敵なコミュニティを作り出せたらいいな。

ぜひ、私たちの投稿を読むだけでなく、みなさんとフロンターレの物語をどしどしnoteに投稿してみてください!そんな企画も用意しています!

200726_0339のコピー 2

フロンターレを愛する一人一人の物語が溢れる場所になりますように。

フロンターレnote部、キックオフ!


マッチデープログラム編集部:山口

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります!
156
サッカー・Jリーグに所属する「川崎フロンターレ」note公式アカウントです。