新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[中編]

バナナ、おフロ、算数ドリル、ゴジラ、南極、宇宙…。今まで様々なトピックのプロモーションを行ってきました。
その多くは1~2年前から、長いもので4~5年くらい前から構想を考え、企画を膨らまして実行しています。
そんな中、中村憲剛が引退しました。僕は中村憲剛引退という最強トピックを実に「10年」もの歳月をかけてプロモーション構想をたてていました。想定外だったのは、その準備期間がほんの「2か月」だったこと!
今回、なぜそんな状況に追い込まれてのプロモーションだったのか「事の経緯」と、自分の持ち合わせているチカラMAX出しきった「引退セレモニー裏話」を惜しげもなく皆さんにお届けします。
30,000字超の大作のため、「前編」「中編」「後編」の3部構成にしました。
コロナ禍&シーズンオフでフロンターレ不足に陥っているサポーターの皆さんや、企画やイベントをどう組み立てるかスポーツプロモーションに興味関心のある人たちに読んでもらえると嬉しいです。
今回、クラブ公式noteの有料展開トライアルも兼ねています。コロナ禍でもJクラブが生き残る新たなマネタイズ手法の模索です。
僕の懐に入れるわけではありませんのでご安心ください(笑)。

天野春果

「中編」Chapter7~13

<chapter7:2つのコンセプトと7つの方針>

準備期間は2か月ととても短かったのですが、僕はケンゴの引退プロモーション内容を10年前からイメージして生きてきたので、まずアイデアを全て書き出してみました。一番最初に書き出しのは「コンセプト」です。

<第一コンセプト>
中村憲剛に携わり、ケンゴのことが好きでケンゴへの想いを持った人で構成すること。ケンゴが川崎で築いた功績が伝わること。

<第二コンセプト>
今までの引退プロモーションの常識を超える規模、内容で開催すること。やったことのない最大最高な演出を取り入れたること。
”長嶋茂雄級”の記憶に残る引退プロモーションにすること。

ようはお金のチカラでド派手に煌びやかにやることではなく、ケンゴ愛に満ち溢れた地域性と見たこともない仕掛けを組み込んだ話題性を含むプロモーションにすることです。

僕は企画を考える際に必ず立ち返る基本の活動5方針があります(いろんなところで言ってますがおさらいも含めて)。
地域性
話題性
社会性(公共性)
低予算(自ら人を巻き込み行動する/イベント会社任せにしない)
遊び心

最近はこの5つに2つの項目を加えています。
チープクール
ハートウォーム「チープクール」とは「くだらないと思われることを徹底的にやり切る」ことです。
「ハートウォーム」とは、その名のごとく「心温まる」ことです。

僕にとってこの7つの方針は、人から教えてもらったとか何かの本に書いてあったことではなく、今まで自分が体感したことから地域プロスポーツクラブの経営、運営に必要不可欠だと感じ導き出した基本項目です。例えて言うなら前フロンターレ監督の風間八宏さんが常々言っていた「止めて蹴る」と一緒で、この基本ができてこそ人の心に響く企画、プロモーションが生まれると考えています。それなので、今回のケンゴ引退プロモーションも今までのプロモーションと同様、二つのコンセプトを念頭に置きながら、この7つの方針に基づいて具体的な企画を組み立てていきました。

この続きをみるには

この続き: 12,394文字 / 画像28枚

中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[中編]

川崎フロンターレnote部

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります!
99
サッカー・Jリーグに所属する「川崎フロンターレ」note公式アカウントです。