[COLUMN]山村和也「目の前の試合を大事にし勝点を積み重ねてきたからこそ今がある」
見出し画像

[COLUMN]山村和也「目の前の試合を大事にし勝点を積み重ねてきたからこそ今がある」

画像2

10月25日、報道陣のオンライン取材に応じた山村和也選手。常に安定したパフォーマンスでチームに貢献する”仕事人”が、シーズン終盤戦までの振り返り、中2日での連戦となる天皇杯準々決勝・鹿島戦に向けての意気込みを語りました。

常に安定したパフォーマンスでチームの力になり続けている山村和也。直近のリーグ戦・清水戦でも途中出場し、短い時間の中でも体を張った守備で、無失点勝利に貢献した。試合後、鬼木達監督も「途中から入ったシンタロウ(車屋紳太郎)やヤマ(山村和也)で制空権を取ってくれた。後ろに入ったくれた2人はよくやってくれた」と評価。与えられた役割を確実に果たしてくれる山村は、フロンターレにとって欠かせない存在である。

チームは山村の活躍も力となり、リーグ戦と天皇杯のタイトルを狙える位置にいる。その状況を作ることができたのは「目の前の試合を大事にして勝点を積み重ねてきたからこそ今がある」(山村)。そのスタンスを変えることなく良い準備を続け、最大限のプレーを表現することに意識を強めて、戦い続ける。

山村自身も、この終盤戦までのシーズンを振り返ると「最初は怪我でチームに貢献することができなかったけど、今は怪我も治って少しずつチームに貢献できるようになってきた。これを継続してチームの力になれるように頑張りたい」と話す。これからの活躍にも注目だ。

そして迎える天皇杯準々決勝・鹿島戦。山村は「相手は力のあるチームだし、いつもギリギリの試合になる。球際が強いチームなので、負けないようにしたい」と意気込む。

前回対戦では、山村が途中出場からのファーストタッチでチームに勢いをもたらす同点弾を挙げたシーンが記憶に新しい。個人としても良いイメージを持って臨めるはず。この一発勝負である天皇杯でも、冷静でかつ熱いプレーで等々力を沸かせてもらいたい。

(高澤真輝)

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります!
サッカー・Jリーグに所属する「川崎フロンターレ」note公式アカウントです。