中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[後編]
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[後編]

バナナ、おフロ、算数ドリル、ゴジラ、南極、宇宙…。今まで様々なトピックのプロモーションを行ってきました。
その多くは1~2年前から、長いもので4~5年くらい前から構想を考え、企画を膨らまして実行しています。
そんな中、中村憲剛が引退しました。僕は中村憲剛引退という最強トピックを実に「10年」もの歳月をかけてプロモーション構想をたてていました。想定外だったのは、その準備期間がほんの「2か月」だったこと!
今回、なぜそんな状況に追い込まれてのプロモーションだったのか「事の経緯」と、自分の持ち合わせているチカラMAX出しきった「引退セレモニー裏話」を惜しげもなく皆さんにお届けします。
30,000字超の大作のため、「前編」「中編」「後編」の3部構成にしました。
コロナ禍&シーズンオフでフロンターレ不足に陥っているサポーターの皆さんや、企画やイベントをどう組み立てるかスポーツプロモーションに興味関心のある人たちに読んでもらえると嬉しいです。
今回、クラブ公式noteの有料展開トライアルも兼ねています。コロナ禍でもJクラブが生き残る新たなマネタイズ手法の模索です。
僕の懐に入れるわけではありませんのでご安心ください(笑)。

天野春果

「後編」Chapter14~18

<chapter14:ケンゴ登場>

ケンゴがステージ登壇しない前半パートは、明るく楽しいいつものフロンターレらしい雰囲気で行い、ケンゴが登壇してからはどこか厳かでケンゴへの想いを登壇者もサポーターも吐き出せるようなつくりにしようと考えていました。

【登壇者・演出ラインナップ】
・トランペット「ケンゴチャント」ソロ演奏(洗足音大生・森タケルさん)
・川崎市民栄誉賞授与(福田紀彦市長)
・優勝報告会(現役選手、コーチ、スタッフ)
・選手代表挨拶(小林悠)
・サプライズ撮影(オフィシャルカメラマン大堀優)
・サポーター代表挨拶(ケンゴ家族、長男の龍剛くん)
・常田くん&SHISHAMO挨拶
・感謝VTR上映
・ケンゴ挨拶
・花火
・手作りケンゴシャーレ贈呈(下作延小学校児童)

ここでスタジアム内の雰囲気を変える照明全暗転が威力を発揮します。また冬独特のキリッと締まった冷たく澄んだ空気がより一層気持ちを厳かなものに誘っていきました。これが夏の暑い時期で夜なのにアブラゼミがジージー鳴いている中だとそうはいきませんので。

メインスタンド中央に入場出番を待つケンゴとセレモニー当日初めてここで顔を合わせたのですが、僕の顔を見るなり「アマノさんやりすぎでしょ!」といつもと違うスタジアムの雰囲気に本人が一番きょどってましたね。

画像1

全面暗転したスタジアムに来場者の掲げた携帯ライトが眩い光を放つ。等々力では初めて目にする光景。

この続きをみるには

この続き: 13,074文字 / 画像12枚

中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[後編]

川崎フロンターレnote部

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります!
サッカー・Jリーグに所属する「川崎フロンターレ」note公式アカウントです。