マガジンのカバー画像

#OneFourKengo

12
2020シーズン限りで現役を引退した中村憲剛さん。現在はさまざまな分野で活躍中です。中村憲剛さんにまつわる記事をお届けします。
運営しているクリエイター

2021年1月の記事一覧

「#OneFourKengo ケンゴにありがとうを届けよう。」中村憲剛のお気に入り

皆さんこんにちは。 川崎フロンターレ・リレーションズオーガナイザー(FRO)に就任しました中村憲剛です。 遅くなりましたが、「#OneFourKengo ケンゴにありがとうを届けよう。」記事募集企画へのご参加本当にありがとうございました。 すべての記事に目を通させていただきました。まず、これだけたくさんの記事が投稿されるとは思わなかったので、読むのに時間がかかって大変でした(笑)。嬉しい悲鳴でした。 でも皆さんの目から見たぞれぞれの中村憲剛のイメージがあって、皆さんの

スキ
184

中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[後編]

「後編」Chapter14~18 <chapter14:ケンゴ登場>ケンゴがステージ登壇しない前半パートは、明るく楽しいいつものフロンターレらしい雰囲気で行い、ケンゴが登壇してからはどこか厳かでケンゴへの想いを登壇者もサポーターも吐き出せるようなつくりにしようと考えていました。

スキ
91
有料
300

中村憲剛の引退をプロモーションする ~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[中編]

「中編」Chapter7~13 <chapter7:2つのコンセプトと7つの方針>準備期間は2か月ととても短かったのですが、僕はケンゴの引退プロモーション内容を10年前からイメージして生きてきたので、まずアイデアを全て書き出してみました。一番最初に書き出しのは「コンセプト」です。 <第一コンセプト> 中村憲剛に携わり、ケンゴのことが好きでケンゴへの想いを持った人で構成すること。ケンゴが川崎で築いた功績が伝わること。

スキ
105
有料
300

「中村憲剛の引退をプロモーションする」~構想10年、準備2か月の最大ミッション奮闘記~[前編]

「前編」Chapter1~6 <chapter1:2010年ケンゴの決断>「中村憲剛の引退をどうプロモーションするか。」 この最大最強の案件に関して僕は振り返ればもう10年くらい向き合ってきました。

スキ
135
有料
300

中村憲剛インタビュー(note版)

2020年シーズンのJリーグ、第25節FC東京戦マッチデープログラムに掲載された中村憲剛のインタビュー原稿を、note版として加筆修正し期間限定で公開します。 このインタビューを行ったのは10月末のことで、11月1日に彼が現役引退を発表することは私もまだ知りませんでした。 でも今思い返してみると、2020年に入ってから次のキャリアや育成に興味があるといった話をよくするようになった気がします。

スキ
144
有料
200