マガジンのカバー画像

川崎フロンターレ オフィシャルマッチデープログラム

50
ホームゲーム会場で販売している「オフィシャルマッチデープログラム」編集部が運用し、マッチデープログラムのインタビューや対談、コラムなどをテキストベースのnote版で公開します。ま… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年1月の記事一覧

記事募集企画第4回 「#2022年期待する選手」

■ファン、サポーターの皆様参加型のnote記事募集企画・第4回を行います 今回のテーマは川崎フロンターレの「#2022年期待する選手」です。 個人的に期待しているフロンターレの選手、その理由、ここが好き! ここを見てほしい!など、今シーズン期待している「#2022年期待する選手」について熱く語ってください。 過去に書いた記事でもテーマに沿った内容であれば、「#川崎フロンターレ」「#2022年期待する選手」の2つを追加していただければエントリーできます。 ■あなたの記事が

スキ
10

齋藤学×宮代大聖クロストーク(note版)

2020年シーズンのマッチデープログラムに掲載された齋藤学選手と宮代大聖選手の対談を、note版として加筆修正し公開します。 齋藤選手は日頃の練習から声を出してチームを盛り上げ、周りが気を遣って言えないようなこともあえてストレートに発するので、先輩後輩に関係なく何かと助かる存在だったと思います。 そんな齋藤選手を見て、宮代選手は良いところはしっかりと学び、そうではないところはちゃんと控えるといった大人な対応をしていました(10歳年下なのに…)。

スキ
88
有料
200

下田北斗×車屋紳太郎クロストーク(note版)

2020年シーズンのマッチデープログラムに掲載された下田北斗選手と車屋紳太郎選手の対談をnote版として加筆修正した記事を公開します。 サポーターの間では真面目な下田選手と独特な感性の車屋選手というイメージがあると思いますが、チーム内ではどちらかというと2人ともイジられ役で、場の空気を和ませてくれる存在でした。 下田選手はフロンターレがプロ3チーム目で次が4チーム目になりますが、プレーもさることながら人間的にもしっかりしているので、どのチームに行ってもうまくやっていけると

スキ
95
有料
200